多忙なオーナーさんには不向きな場合もある

一括マンション査定サイトを上手に利用することで得られるメリットは非常に大きいです。実際、インターネットをつかい慣れているオーナーさんは、一括マンション査定サイトを有効活用している人が多いです。ただし、一括マンション査定サイトにはデメリットがあることも忘れてはいけません。

そこで、今回は一括マンション査定サイトを利用することで生じるリスクがあるデメリットをピックアップしてみたいと思います。まずは、一括でマンション査定を行うということは、それだけ多くの不動産業者が、オーナーさんが所有するマンションに興味を持つということを意味します。

そうなると、非常に多くの業者から一気に電話やメール、郵便などのアクセスが集中するリスクが生じます。一括マンション査定サイトの場合、すぐにでもマンションを売りに出したいというオーナーさんよりは、将来的にいずれ売ることもあるかもしれないからとりあえず現状のマンション価格を知っておきたいというニュアンスでサイトを利用されるオーナーさんのほうが多いです。

そういったスタンスで利用されるオーナーさんや、別のお仕事を普段されていて、忙しくされているオーナーさんにとっては、そういった外部不動産業者からのアクセスが大きなデメリットとなってしまうことも十分考えられます。そのあたりのリスクを想定しつつ、一括マンション査定サイトをご利用いただきたいと思います。

査定額はあくまでも暫定的、結局正式な査定が必要になる

一括マンション査定サイトは無料で、しかも匿名で査定できるサービスを提供するサイトもあります。ですから、一括マンション査定サイトの場合、基本的に売値を確定できる要素には極めて乏しいといわなければなりません。つまり、あくまでも暫定的な目安であって、もし将来的に本当にマンションを売りたいと考えるのであれば、いずれそのときにちゃんとしたマンション査定書を手にしなければならないといえます。

これは、短期的にはそこまで大きなデメリットとはいえないかもしれませんが、長期的な意味ではデメリットになると考えられます。また、あくまでも暫定額ですから、先々実際にマンションを売りに出すタイミングでは、かなり大きな差額になってしまう可能性があることも、一括マンション査定サイトのデメリットといえるでしょう。

もちろんそうしたデメリットを踏まえても、一括マンション査定サイトを利用するメリットのほうが大きいと考えるオーナーさんが多いからこそ、類似サイトの人気が高いことも事実ではあります。