マンション査定額と掃除は基本的に無関係

結論から言いましょう。マンション査定に先立って、一生懸命掃除をされるオーナーさんは多いですが、基本的には、掃除をしたからといってマンション査定額がアップするということはありません。そこにはいくつかの理由があります。

個人間の取引であれば、やはり売り手が独断と偏見で査定を行うことになるわけですから、多少掃除の有無が影響することは間違いないと思いますが、一般的には、不動産業者を介してマンションの売買が行われますので、たとえ掃除をしていない状況であったとしても、買い手のお客さんに手渡す前には、不動産業者のほうで清掃業者を手配して、クリーニングを行ってから手渡すことになります。

ですから、オーナーさんが箒とちり取りと雑巾で掃除したくらいでは、マンション査定額を動かすようなメリットは何も生まないのです。ただし、あまりにも利用状況が悪く、建物そのものに悪影響が及ぶレベルでの汚れはマイナス査定になる場合もありますので、これに関しては、重要な注意点ということがいえます。

ですから、マンション査定と掃除の関係は、はっきり言って希薄であると解釈して問題ありません。しかしだからといって、査定前に掃除をしなくてもよいと結論付けるべきかどうかについては、ちょっと考える必要があります。

マンション査定額に影響を与えなくても掃除はすべき!

一般常識としていえば、自分の家に客人を招き入れる際には、客人にイヤな気持ちにさせないように、最低限の掃除をしておくでしょう。私たち一般人でさえそうなのですから、マンションのオーナーさんであれば、これはなおさらといえるはずです。

査定にかかわるから何かをし、査定と無関係なら何もしないというのは、その人のスタンスですから、他人がとやかくいうべきファクターではありません。ただ、やはりマンション査定というのはある意味お客様に商品を見てもらう大切な機会であると考える必要はあるはずです。

言い換えるなら、マンション査定をするということは、お客さんからお金を支払ってもらえるかもしれないひとつの重要なターニングポイントであるともとらえられるはずです。ですから、たとえマンション査定と無関係であったとしても、やはり常識の範囲内で掃除をしておくべきであるといわなければならないでしょう。

このことは、マンション査定とは直接無関係なのですから、査定にまつわる注意点とはいえません。ただ、マンションオーナーとしての立場は問われることであるとはいえるはずです。